寺院 / 畳の寸法調整


今回は少し特殊な施工例です。

畳の寸法調整をいたしました。由緒ある地元の寺院に置き型空調を設置する為に、畳の丈(長さ)を裁断し調整を致しました。

空調機を板の上に設置するので、板の巾分を裁断しました。ただ畳を裁断するだけ。と思われますが、ついている畳表、縁を傷つけてはいけませんし、寸法も大きすぎずても、小さすぎてもいけません。

建具のようにその場で削りながらではなく、決められた寸法通りに裁断し狂いなく納める事が出来るのが畳士のお仕事です。

ほんの些細な事でも構いません。畳を直して欲しい。寸法調整をして欲しい。等もお気軽にお問い合わせください。


丸信畳店は、お客様のご要望に出来るだけ多くお応えできるようにこれからも努めていきます。