モダン乱敷畳

畳表その1:熊本県産 涼風品種 麻綿表使用

畳表その2:ダイケン健やか表 清流NO.17(藍色) NO.20(青磁色)

畳縁:HANA香織 NO.500


初の「モダン乱敷」での施工です。

この施工例は三代目店主である私の実家の和室です。

畳も傷み、機械も新しいのに入れ替えたので、思い切ってモダン乱敷畳での施工を致しました。

施工内容としましては以下の通りです。

・半畳を二色のカラー畳表を使用。枚数:6枚

・一畳を縁付きの畳に、国産畳表使用。枚数:3枚

畳の敷き方は自由自在です。カラー畳表と組み合わせたりするのも面白いです。

畳をフローリングや、板の間にしてしまうと簡単には畳のお部屋に戻す事が出来なくなります。

ですが、今回のようにカラー畳表を使ったり、敷き方を変える事で全く新しい空間へと生まれ変わります。

そしてまた畳の上で生活をしたい時にオーソドックスな畳に戻す事も出来ます。


丸信畳店は、お客様のご要望に出来るだけ多くお応えできるようにこれからも努めていきます。 (当店ではクレジットカード決済も出来ます。)