新畳 / 熊本県産 夕凪品種 麻綿表使用

新畳入替施工

畳表:熊本県産 夕凪品種 麻綿表使用

畳縁:大宮縁 浮 NO.13

畳床:建材床Ⅰ型(オールボード仕様)


新畳入替施工を致しました。

従来の畳より薄い仕上がりの畳となっております。

一般的に畳の厚みは55㎜ですが、今回施工させて頂いた畳は35㎜仕上で施工致しました。

畳床(芯材)が薄い分、今回使用した畳表を付けると反ったままになってしまったり、最悪の場合綺麗に張った畳表が緩んでくる恐れが有ります。

反りや、緩みを防ぐ為に一度畳表を張って縫い付けたら、約1週間程積み重ねて置きます。そして反りや緩みが無い事を確認してから畳縁を縫い付けます。

手間は掛かりますが、少しでもお客様のご希望の商品をお届けしたいので手間は惜しみません。

今回使用させて頂いた畳表は「夕凪」と言う品種です。藺草一本一本が太く、肌触りもサラサラしています。他の畳店様の中には根強いファンもいて中々手に入らない品種の畳表です。

これからも末永くお付き合いが出来る畳だと思います。

丸信畳店は、お客様のご要望に出来るだけ多くお応えできるようにこれからも努めていきます。 (当店ではクレジットカード決済も出来ます。)